HOME > 製品情報 > NYC-iF > 特長 > モバイル

製品情報

NYC-iF

  • 製品概要
  • 特長
  • デザイン
  • モバイル
  • エコ
  • ビジュアル
  • リアルハイブリッド
  • 主な機能
  • システム構成例
  • 仕様
  • 構成機器
  • ダウンロード

特長 モバイル、ビジネスホン、ビジネスフォン

スマートフォン連携

スマートフォンにより、社内の無線LANアクセスポイントを経由、社外では携帯電話網を経由して、内線通話が可能です。
BYODとして各人の携帯電話、スマートフォンの導入で通話料金を削減することができます。また、お客様へのスピーディーな対応と業務効率向上が期待できます。

その他

    主装置の電話帳検索や留守録再生
    主装置のデータ設定端末としても有効活用

 

DECT方式、ビジネスホン、ビジネスフォン

DECT方式を採用することで
画期的な飛距離を実現しました。

新マルチゾーン対応デジタルコードレス

【概要】

【iA-DCLからの機能アップ】

No. 項 目 内 容
1 ハード 防水仕様 防水仕様【IPX5/IPX7】対応
2 LCD 2インチカラー液晶採用10文字×10行対応
3 ラインキー名称表示(全角2文字)
4 充電 USB充電対応、PCからのパスパワー給電に対応
5 電池残量の少ない時のみ充電するエコ充電モード搭載
過充電の防止、電池寿命の延長が可能
6 主装置連動 通話履歴 「自応答」「他応答」「不応答」を履歴にて確認可能
7 内線電話帳 主装置の内線電話帳の検索・発信が可能
8 短縮番号確認 [*]+短縮番号の確認/検索機能の桁数4桁対応
9 セキュリティ オートロック 一定期間でキーロックがかかるオートロックモード追加
10 電話機初期化 電話機の一括消去対応
11 子機独自機能 予約(スケジュール)管理、留守録、電卓機能搭載

【各機器との組み合わせ】

  1. 接続可能な主装置
主装置 版数 主装置連動機能の対応 備 考
iFシリーズ 4-1版〜 全機能利用可能 主装置側設定PS種別(*9524):D9PS/DCLA
DCLA端末種別:DCLA
〜3-X版 一部機能利用不可(※1) 主装置側設定PS種別(*9524):DCL/D5PS
DCLA端末種別:iA-DCL
iE/iAシリーズ 接続不可
※1:下記の機能は利用できません。
@内線電話帳検索/発信 A通話履歴検索/発信 B短縮番号4桁での番号確認/検索
  1. 8DCLAと8iA-DCLとの混在収容
混在収容は可能です。ただし、8iA-DCLは(1)項の※に記載の機能を利用できません。
  1. BS「」AとiA-BS「」との混在収容
混在収容が可能です。ただし、通話履歴機能の利用はできません。

通話到達距離、ビジネスホン、ビジネスフォン

通話は約200m(間に障害物がない場合)で(DCLSW/DCLSB/IPDCLSW/IPDCLSB)、約300m(間に障害物がない場合)(DCLLW/IPDCLLW//DCLLB/IPDCLLB)の到達距離が可能です。無線接続時間は、PHSに比べて約半分の時間になりました。 ※1

業界初 防水仕様ビジネスコードレス電話機、ビジネスホン、ビジネスフォン

生活防水として、防噴流形のIP×5と防浸形IP×7に対応。水仕事や雨の中でも通話が可能で、ハードなビジネスシーンで活用できます(NYC-8IF-DCLSW/IPDCLSW )。※2

防水ビデオ
防水ビデオ ダウンロード
回線の状態で再生が遅れる場合がございますので、ダウンロードをお勧めします

Mac系MOVファイルは「ダウンロード」ページにてダウンロードできます

共通電話帳検索

共通電話帳検索時間がレスポンスアップして、よりスピーディーなアクションが可能になりました。

共通電話帳データ転送機能 / 電波環境モニタ機能 / 通話モード切替

共通電話帳データ転送機能

電話帳300件を子機へ転送可能です。

電波環境モニタ機能

DECT方式は電波干渉が少なくクリアな音質で通話することができます。保守モードで、モニタが可能な電波環境モニタ機能を搭載しました。

通話モード切替

通話モードへの切替時間をレスポンスアップしました。

※1:通話到達距離は、当社で理想な環境条件で測定した最大到達距離の目安であり、周囲の電波状況や使用環境により短くなる場合があります。特に、壁等の障害物で電波が遮られたり、親機の設置方法が適切でないと短くなります。親機設置の際には工事者とご相談下さい。

※2:完全防水ではありませんので、水中でのご使用、水につけたままのご使用は控えてください。濡れたままご使用されますと通話性能に影響が出ますので、濡れた場合は乾いた布等で拭いてからご使用ください。防水性能を維持する為に異常の有無に関わらず、2年に1回部品交換(有償)が必要です。交換の際には工事者にご相談ください。

Page Top