HOME > 製品情報 > NYC-iF > 特長 > エコ

製品情報

NYC-iF

  • 製品概要
  • 特長
  • デザイン
  • モバイル
  • エコ
  • ビジュアル
  • リアルハイブリッド
  • 主な機能
  • システム構成例
  • 仕様
  • 構成機器
  • ダウンロード

特長 エコ、ビジネスホン、ビジネスフォン

iA比42.5%削減

旧iAの消費電力に比べて
42.5%削減することができました。

省電力モード、ビジネスホン、ビジネスフォン

iFでは、環境に配慮して、給電停止ボタンまたは夜間切替ボタンで指定した電話機を省電力モードに設定することが可能です。

ビジネスホン、ビジネスフォン

電話機エコモード、ビジネスホン、ビジネスフォン

各電話機毎に電話機エコモードを設定することが可能です。一定時間無操作により、外線ボタンのランプの消灯や画面の明るさを落として、消費電力を低減させることができます。

<バックライト点灯時間>

(1)操作後 15秒/1分/2分/3分/4分/5分
(2)常時消灯
(3)常時点灯

ビジネスホン、ビジネスフォン

停電対応給電HUB、ビジネスホン、ビジネスフォン

停電対応の給電HUBは、ポート毎の給電ON/OFFが可能です。
NYC−iFの主装置制御で、IP端末を30台まで省電力モードを利用することができます。
(省電力モードはレガシー端末と同様に利用可能です。)

<特長>

 ・10/100/1000Mbit対応8ポートスイッチングHUB
 ・QoS、VLAN、ポートミラーリング対応
 ・リモートバージョンアップ対応
 ・PoE対応ポート(15.4W)×7ポート、アップリンク用ポート×1ポート
 ・PCのWeb設定よりポート毎のスケジュール設定で給電ON/OFFも
  可能なため、各種POE対応機器でも利用が可能です。

<ポイント>

停電時は内蔵バッテリーにより、約10〜30分の給電が可能です。
 ・IPSD(最大8.16W)×7台の場合、約10分の給電が可能です。
 ・内蔵バッテリーは3年毎に交換が必要です。

停電対応給電HUB

図 接続例

停電対応給電HUBの詳細は、「こちら

バッテリー駆動時の給電停止

30分バッテリーを標準搭載し、オプションとして3時間バッテリーを用意して緊急時に広く対応できるようにしました。また、バッテリー駆動端末を設定することで、給電時間を延長することが可能です。

バッテリー充電時間

NYC-iFでは、オプションの3時間バッテリーの充電が168時間から20時間へと大幅な短縮を実現しました。

  • HOME
  • iFトップページ
Page Top